ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4807番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/2/24
7月保護者懇談会資料 as/4807.html
森川林 2023/07/21 17:42 

ブルーサルビア?

●動画:https://youtu.be/cg-ppNTnJRI

 7.4週は、オンラインクラスで保護者懇談会を行います。

 作文個別で受講されている方は、クラス懇談会はありませんが、懇談会への参加を希望される方は、中根が担当しているクラスにご参加ください。
 時間は、17:00、18:00、19:00のそれぞれのクラスの30分か45分ごろから行う予定です。
 会場には、早めに入っていただいてもかまいません。

●作文講座、9月より9,900円に値上げ

 すでにお知らせしましたが、作文講座の受講料を9月から9,900円に値上げさせていただきます。
 言葉の森の今後の運営上どうしても必要な値上げになりますので、誠に申し訳ありませんが、ご理解いたただきたくお願い申し上げます。
 この値上げに対応して、今後、講師からの連絡や言葉の森事務局からのこまめの連絡に更に力を入れていきます。
 そして、すべての生徒が高校生まで作文の勉強を続け、立派な小論文を書く力をつけていかれるようにしていきたいと思います。

【重要】作文講座の受講料値上げと自習室活用のお知らせ(2023年9月より)
https://www.mori7.com/as/4789.html

●自習室の活用を

 自習室は、言葉の森の生徒であれば、どなたでも利用できます。
 自習記録に、その日に勉強する予定の時間と内容を入れ送信し、そのあとZoom会場にお入りください。
https://www.mori7.com/teraon/js.php

 夏休みに入り、朝から、何人かの生徒が自習室で自習を行っています。
 カメラはオンにして、机上に向けて取り組むようにしてください。 みんなの勉強の雰囲気がわかると、やる気が出ると思います。

 自習室に先生がいる時間は、朝8時から夜8時までですが、それ以外の時間も自由に入っていただいて結構です。

●4週目は発表室の利用も

 作文、創造発表、プログラミングは、これまではそのクラスの中での発表しかありませんでした。

 今後は、みんなが見られるようなオープンな発表の週にしていきたいと思います。

 プレゼン発表室には、試験運用中の発表作品がいくつか入っています。
https://www.mori7.com/pre/

 特に、作文のパソコン入力をしている生徒は、発表作品はすぐに作れますから、4週目は、できるだけ発表室にも作品を入れておいてください。

 創造発表クラスの作品は、夏休みの自由研究コンテストなどに出品する目標を持って発表していくといいと思います。

 プログラミングクラスの作品は、まだそこまでのレベルに行っている人は少ないかもしれませんが、実力をつけてコンテストに出品するという目標を持って勉強をしていってください。

●読書記録が1500件以上に

 読書記録が、すでに1500件以上になっています。
https://www.mori7.com/teraon/ds.php

 同じ学年の人の読んでいる本を見ると、自分の読書を発展させるきっかけになります。
 特に、同じ学年の生徒が読んでいる説明文の本を参考に、本選びをしていくといいと思います。

 読書力は、学力の最も確実な土台です。
 読書によって理解力が進み、表現力が豊かになります。
 読書は、勉強と同じかそれ以上のものとして、家庭で毎日取り組んでいきましょう。

●確認テストで実力が客観的にわかる

 6月から、国語読解クラス、算数数学クラス、英語クラスで、それぞれの教科の確認テストを行うようにしました。
 確認テストは、今後毎月行います。

 一部に、送信しても入力できないという問題があるようでしたが、コード・パスワードが入っていないのが原因というケースもありました。
 もし、送信しても答えが入力できないようでしたら、事務局にお電話ください。
 一緒に画面を見ながら原因を考えていきます。

 この確認テストによって、生徒の実力が客観的にわかるようになりました。
 特に、算数数学と英語は、問題集に対応した確認テストですので、真面目に勉強していれば必ずできるようになる問題です。
 答えは2回送信できるので、2回目までに100点になるようにがんばっていきましょう。

 確認テストで、現在の実力がわかるようになったので、これまで育伸社で行っていた学力テストは、今後行わないことにしました。

 しかし、小6、中3、高3の受験生は、全国模試を受ける必要がありますから、8月以降は、それぞれの家庭で全国模試を探して毎月受検していってくださるようお願いします。

●作文ノートの利用と字数の数え方

 7月から作文用紙を廃止しました。
 作文ノートは、作文用紙のように散逸することはないので、保存しやすくなります。

 作文ノートには、200字詰め(20マス10行)、120字詰め(15マス8行)、150字詰め(15マス10行)などさまざまな規格があります。
 中には、162字詰め(18マス9行)など、意味不明のものもあります(笑)。

 この作文ノートを使うときに、最初の1ページ目から書くと、最初のページは、片面になってしまいます。
 次のページからは見開きになりますが、最初だけ片面だと、写真を撮るときに体裁が悪くなります。

【5ページの作文を書いた場合】
┏━━━━┓
┃    ┃1ページ目
┃    ┃(文字が横になることが多い)
┗━━━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃2、3ページ目
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃4、5ページ目
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
 これを最初からこのようにすると、体裁がよくなります。
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃1、2ページ目
┃  ┃  ┃(前のページは空のこともある)
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃3、4ページ目
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃5ページ目
┃  ┃  ┃(6ページ目は空になることもある)
┃  ┃  ┃(空ページには絵などをかいてもいい)
┗━━┻━━┛


 撮影は、ぜひこのように工夫してみてください。

●作文ノートの字数の数え方

 作文ノートの使い方と字数の数え方は、次のようにします。
 ただし、これは一応の基準ですから、全員がそうしなければいけないというものではありません。
 標準の書き方として参考にしてください。

 1行目に、3マス空けて題名を書きます。
 2行目に、下から1マス空けて名前を書きます。
 名前は、できるだけニックネーム(ペンネーム)にしてください。 3行目から、本文を書き出します。

字数は、1行目の題名、2行目の名前も、それぞれ1行分の字数として数えます。
 全体の字数を数えやすいことを優先します。

200字詰め(20×10行)の作文ノートを使っている人以外、つまり、小学校低学年の人は、できれば、作文の末尾に、カッコ書きで字数を書いておいてください。
 いろいろな字数と行数のノートを見ると、先生が字数を数えるときに苦労するからです。
 申し訳ありませんが、できるだけ末尾に字数記録ということをお願いします。

●個人面談は、いつでも受け付けます

 個人面談を希望される方は、そのつど講師にご連絡ください。
 授業のあと10分程度の時間を取って面談に対応します。

●総合学力クラスの暗唱ミニ検定

 総合学力クラスは、3週目に暗唱ミニ検定を行います。
 これは、5級の途中までも、できたところまでをミニ検定として評価するものです。
 小学校低学年のうちに暗唱力をつけておくと、あとで大いに役立ちますから、総合学力クラスの生徒は、暗唱ミニ検定を目標に毎日暗唱の家庭学習に取り組んでください。
https://www.mori7.com/askt/

●プログラミングクラスは、HTMLにも取り組みます

 プログラミングクラスは、昨年は、Scratch→Micro:bit→JavaScript→Pythonで取り組んでいました。
 今年は、Scratch→JavaScript→Pythonとしていますが、今度、ScratchのあとにHTMLも取り組むことにしました。

 Scratchが終わった小学校高学年、中学生、高校生の方は、次のHTMLの本を用意して、取り組んでいってください。
 HTMLは、ウェブページの基本で、自己紹介のページなどを楽しく作れるので、やりがいがあると思います。
 今やっているものがあれば、それが終わってからで結構です。

改訂版高校生からはじめるプログラミング(KADOKAWA)
https://www.amazon.co.jp/dp/4046052228/

ブルーサルビア?

●動画:https://youtu.be/cg-ppNTnJRI

 7.4週は、オンラインクラスで保護者懇談会を行います。

 作文個別で受講されている方は、クラス懇談会はありませんが、懇談会への参加を希望される方は、中根が担当しているクラスにご参加ください。
 時間は、17:00、18:00、19:00のそれぞれのクラスの30分か45分ごろから行う予定です。
 会場には、早めに入っていただいてもかまいません。

●作文講座、9月より9,900円に値上げ

 すでにお知らせしましたが、作文講座の受講料を9月から9,900円に値上げさせていただきます。
 言葉の森の今後の運営上どうしても必要な値上げになりますので、誠に申し訳ありませんが、ご理解いたただきたくお願い申し上げます。
 この値上げに対応して、今後、講師からの連絡や言葉の森事務局からのこまめの連絡に更に力を入れていきます。
 そして、すべての生徒が高校生まで作文の勉強を続け、立派な小論文を書く力をつけていかれるようにしていきたいと思います。

【重要】作文講座の受講料値上げと自習室活用のお知らせ(2023年9月より)
https://www.mori7.com/as/4789.html

●自習室の活用を

 自習室は、言葉の森の生徒であれば、どなたでも利用できます。
 自習記録に、その日に勉強する予定の時間と内容を入れ送信し、そのあとZoom会場にお入りください。
https://www.mori7.com/teraon/js.php

 夏休みに入り、朝から、何人かの生徒が自習室で自習を行っています。
 カメラはオンにして、机上に向けて取り組むようにしてください。 みんなの勉強の雰囲気がわかると、やる気が出ると思います。

 自習室に先生がいる時間は、朝8時から夜8時までですが、それ以外の時間も自由に入っていただいて結構です。

●4週目は発表室の利用も

 作文、創造発表、プログラミングは、これまではそのクラスの中での発表しかありませんでした。

 今後は、みんなが見られるようなオープンな発表の週にしていきたいと思います。

 プレゼン発表室には、試験運用中の発表作品がいくつか入っています。
https://www.mori7.com/pre/

 特に、作文のパソコン入力をしている生徒は、発表作品はすぐに作れますから、4週目は、できるだけ発表室にも作品を入れておいてください。

 創造発表クラスの作品は、夏休みの自由研究コンテストなどに出品する目標を持って発表していくといいと思います。

 プログラミングクラスの作品は、まだそこまでのレベルに行っている人は少ないかもしれませんが、実力をつけてコンテストに出品するという目標を持って勉強をしていってください。

●読書記録が1500件以上に

 読書記録が、すでに1500件以上になっています。
https://www.mori7.com/teraon/ds.php

 同じ学年の人の読んでいる本を見ると、自分の読書を発展させるきっかけになります。
 特に、同じ学年の生徒が読んでいる説明文の本を参考に、本選びをしていくといいと思います。

 読書力は、学力の最も確実な土台です。
 読書によって理解力が進み、表現力が豊かになります。
 読書は、勉強と同じかそれ以上のものとして、家庭で毎日取り組んでいきましょう。

●確認テストで実力が客観的にわかる

 6月から、国語読解クラス、算数数学クラス、英語クラスで、それぞれの教科の確認テストを行うようにしました。
 確認テストは、今後毎月行います。

 一部に、送信しても入力できないという問題があるようでしたが、コード・パスワードが入っていないのが原因というケースもありました。
 もし、送信しても答えが入力できないようでしたら、事務局にお電話ください。
 一緒に画面を見ながら原因を考えていきます。

 この確認テストによって、生徒の実力が客観的にわかるようになりました。
 特に、算数数学と英語は、問題集に対応した確認テストですので、真面目に勉強していれば必ずできるようになる問題です。
 答えは2回送信できるので、2回目までに100点になるようにがんばっていきましょう。

 確認テストで、現在の実力がわかるようになったので、これまで育伸社で行っていた学力テストは、今後行わないことにしました。

 しかし、小6、中3、高3の受験生は、全国模試を受ける必要がありますから、8月以降は、それぞれの家庭で全国模試を探して毎月受検していってくださるようお願いします。

●作文ノートの利用と字数の数え方

 7月から作文用紙を廃止しました。
 作文ノートは、作文用紙のように散逸することはないので、保存しやすくなります。

 作文ノートには、200字詰め(20マス10行)、120字詰め(15マス8行)、150字詰め(15マス10行)などさまざまな規格があります。
 中には、162字詰め(18マス9行)など、意味不明のものもあります(笑)。

 この作文ノートを使うときに、最初の1ページ目から書くと、最初のページは、片面になってしまいます。
 次のページからは見開きになりますが、最初だけ片面だと、写真を撮るときに体裁が悪くなります。

【5ページの作文を書いた場合】
┏━━━━┓
┃    ┃1ページ目
┃    ┃(文字が横になることが多い)
┗━━━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃2、3ページ目
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃4、5ページ目
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
 これを最初からこのようにすると、体裁がよくなります。
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃1、2ページ目
┃  ┃  ┃(前のページは空のこともある)
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃3、4ページ目
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃
┗━━┻━━┛
┏━━┳━━┓
┃  ┃  ┃
┃  ┃  ┃5ページ目
┃  ┃  ┃(6ページ目は空になることもある)
┃  ┃  ┃(空ページには絵などをかいてもいい)
┗━━┻━━┛


 撮影は、ぜひこのように工夫してみてください。

●作文ノートの字数の数え方

 作文ノートの使い方と字数の数え方は、次のようにします。
 ただし、これは一応の基準ですから、全員がそうしなければいけないというものではありません。
 標準の書き方として参考にしてください。

 1行目に、3マス空けて題名を書きます。
 2行目に、下から1マス空けて名前を書きます。
 名前は、できるだけニックネーム(ペンネーム)にしてください。 3行目から、本文を書き出します。

字数は、1行目の題名、2行目の名前も、それぞれ1行分の字数として数えます。
 全体の字数を数えやすいことを優先します。

200字詰め(20×10行)の作文ノートを使っている人以外、つまり、小学校低学年の人は、できれば、作文の末尾に、カッコ書きで字数を書いておいてください。
 いろいろな字数と行数のノートを見ると、先生が字数を数えるときに苦労するからです。
 申し訳ありませんが、できるだけ末尾に字数記録ということをお願いします。

●個人面談は、いつでも受け付けます

 個人面談を希望される方は、そのつど講師にご連絡ください。
 授業のあと10分程度の時間を取って面談に対応します。

●総合学力クラスの暗唱ミニ検定

 総合学力クラスは、3週目に暗唱ミニ検定を行います。
 これは、5級の途中までも、できたところまでをミニ検定として評価するものです。
 小学校低学年のうちに暗唱力をつけておくと、あとで大いに役立ちますから、総合学力クラスの生徒は、暗唱ミニ検定を目標に毎日暗唱の家庭学習に取り組んでください。
https://www.mori7.com/askt/

●プログラミングクラスは、HTMLにも取り組みます

 プログラミングクラスは、昨年は、Scratch→Micro:bit→JavaScript→Pythonで取り組んでいました。
 今年は、Scratch→JavaScript→Pythonとしていますが、今度、ScratchのあとにHTMLも取り組むことにしました。

 Scratchが終わった小学校高学年、中学生、高校生の方は、次のHTMLの本を用意して、取り組んでいってください。
 HTMLは、ウェブページの基本で、自己紹介のページなどを楽しく作れるので、やりがいがあると思います。
 今やっているものがあれば、それが終わってからで結構です。

改訂版高校生からはじめるプログラミング(KADOKAWA)
https://www.amazon.co.jp/dp/4046052228/


 国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく
国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく。

コメント欄

コメントフォーム
7月保護者懇談会資料 森川林 20230721 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
れろわを (スパム投稿を防ぐために五十音表の「れろわを」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
懇談会・個人面談(0) 
コメント11~20件
……前のコメント
自習室の利用を aeka
自習室はどんどんと進化していきますね!!助かります。ありがと 1/24
塾が忙しくなる 森川林
子供たちの成長の過程で、最後に残る自信は、忙しくても続けたも 1/24
自習室が利用し aeka
ありがとうございます! 1/19
自習室が利用し 森川林
あえかわさん、ありがとうございます。 これから、みんなにも 1/19
自習室が利用し aeka
いつもありがとうございます。 私はよく自習室を利用していま 1/19
言葉の森の作文 森川林
 作文小論文試験の新しい評価の仕方は、AIによる評価です。小 1/19
【合格速報】秋 らっこ
合格おめでとうございます。  目標を定め、決めたことを必ず 1/15
ChatGPT 森川林
 世界では、ChatGPTを使って学生がレポートなどを作らな 1/13
プログラミング 森川林
 プログラミングクラスに参加する子は、男の子がほとんどなのは 1/11
【合格速報】秋 sasa
 合格おめでとうございます!  小学校二年生から作文を担当 1/10
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
2月保護者懇談 森川林
●勉強力の基準は、読書力、暗唱力、創造発表力  学校の 2/22
インターナショ 森川林
 インターナショナルスクールに行った方がいいか、日本人の学校 2/22
齋藤孝さんは将 森川林
齋藤孝さんは将棋の駒  自分で何かを考えているわけではない 2/21
Re: 標準算 森川林
 追加の説明を入れておいた。 https://www.mo 2/12
標準算数小5の 森川林
 先生の以前の説明は勘違い。  小学生は、まだ方程式を習わ 2/12
ChatGPT 森川林
ChatGPTでプログラミングも簡単にできるようになるし、本 2/12
水瓶座は、古い 森川林
 水瓶座は、古いものを捨てて新しいスタートを切る時代に。 2/10
タッカー・カー 森川林
 タッカー・カールソンのプーチンに対する2時間のロングインタ 2/10
Re: 標準算 森川林
 前の記事に書いておいたけど、これは、答えのミスじゃないかな 2/9
Re: 標準算 森川林
 お返事遅れて失礼。  これは、答えのミスじゃないかなあ。 2/9

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習