ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 AO型の大学入試に対応する力をつけるには Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4687番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/2/24
AO型の大学入試に対応する力をつけるには as/4687.html
森川林 2023/03/16 17:57 


 AERA.dotにAO型入試と中学受験の話が載っていました。
 これを読むと、現在の入試のおおまかな現状がわかると思います。

「AO型の大学入試を考えたら、私立の中高一貫校に行くべき?」 中学受験のプロが語った私学の裏事情
https://dot.asahi.com/dot/2023031300003.html?page=1

 学習塾は、よく「中高一貫校の受験をしないと、大学入試で不利になる」という宣伝をしていますが、特にそういうことはありません。

 あるとしたら、中高一貫校は数学の先取りができるので、大学入試の数学で高3の1年間は受験に特化した勉強ができるという点です。

 だから、公立高校に進む人は、スタディサプリなどを利用して、数学だけは学校の勉強よりも1年間先に進み、高3の夏休み以降は、志望校の過去問に特化した受験勉強をしていけばいいのです。
 大事なことは、学校や塾や予備校に頼らずに、自分の判断で勉強の方針を決めていくことです。

 中高一貫校は、周りの生徒が同じぐらいの学力なので、よくすると、周囲に引っ張られて自然に勉強するということがあります。
 しかし、悪くすると、成績が下がって落ちこぼれることもあります。
 また、周囲に合わせて低いレベルになることもあります。

 公立中学は、不明朗な内申点があることがいちばんの問題です。
 内容のない宿題や提出物などは、保護者が手伝ってあげてもいいと思います。

 公立中学には、周囲によくできる生徒も、あまりできない生徒もいます。
 そういう多様な生徒のいる中で勉強するのは、将来プラスになります。

 また、学校によっては荒れているところもありますが、中学の勉強は自分ですればいいので、荒れているかどうかは勉強の進み具合には関係ありません。
 すべて、本人次第ということです。

 公立中学は、中3で高校入試があります。
 中学3年生は、勉強の自覚ができる時期なので、この時期に受験があるというのは、生徒の成長に大きく役立ちます。

 反対に、中高一貫校の私立中の場合は、中3のころに中だるみ状態になることもあります。

 だから、中学受験で中高一貫校に行くか、中学受験をせずに公立中に行くかは、すべて中学に入ってからの本人次第です。


 AO型の入試による大学合格者は、すでに全体の半数以上になっています。
 保護者の感覚は、一般入試が主流だった時代のものですから、今の状況を理解しにくいと思います。

 大事なことは、大学入試をゴールとしないことです。
 本当のゴールは、社会に出て、自分らしい仕事をして世の中に貢献することです。

 そう考えると、勉強の方向は、はっきりしてきます。

 基礎学力をしっかりつけておくことは大事です。
 しかし、1点差を争うような過度な成績競争は必要ありません。

 それよりも大事なのは、コミュニケーション力、リーダーシップ、個性的な生き方、創造力、思考力、読書力、当意即妙の発言力、他者への思いやりなどです。
 これらが、本当の実力です。

 しかし、こういう力は、いずれも学校の成績には出てきません。
 直接話をしたり行動したりしていると、自ずから感じられる実力なのです。

 オンラインクラスのよいところは、読書紹介や一人一言などで、誰もが発言する機会があることです。
 その中で、相手の実力を感じ、自分の実力を伸ばすことができます。

 この実力を伸ばす場として、特に有効なのは、作文クラスと創造発表クラスです。
 作文も、創造発表も、学校の成績とは直接結びつかないところが、なぜか共通しています。


 国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく
国語読解力は、あらゆる学力の基礎。問題集読書の復読と、読解検定の自主解説で確実に力がつく。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験勉強の仕方(0) 

コメント欄

コメントフォーム
AO型の大学入試に対応する力をつけるには 森川林 20230316 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
さしすせ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「さしすせ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験勉強の仕方(0) 
コメント1~10件
教育論に欠けて 森川林
 ボタンの掛け違いは、最後になるまでわかりません。  最初 2/18
教育論に欠けて 森川林
 しっかり勉強して、いい学校に入り、成績を上げて、目指す大学 2/18
創造発表クラス 森川林
創造発表の勉強は、知識的にやるのではなく、実験的にやることが 2/5
齋藤孝さんへの 森川林
私は、ブンブンどりむのようなレベルの低いものは誰もやらないだ 2/4
作文力の土台は 森川林
齋藤孝さんは、「齋藤孝先生が選ぶ 高校生からの読書大全」など 2/4
言葉の森は、オ 森川林
今、小123年生対象の基礎学力クラスと、小456年生対象の総 2/4
言葉の森の作文 森川林
私は、人を批判するのは好きではありません。 大事なことは、 2/3
自習室の利用を 森川林
ごめん、ごめん。 うっかりブレークアウトルームの設定を忘れ 1/29
自習室の利用を aeka
ブレークアウトルームが表示されないです^^;確認お願いします 1/28
自習室の利用を 森川林
 自習室は、ほぼ24時間開いています。  ブレークアウトル 1/24
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
2月保護者懇談 森川林
●勉強力の基準は、読書力、暗唱力、創造発表力  学校の 2/22
インターナショ 森川林
 インターナショナルスクールに行った方がいいか、日本人の学校 2/22
齋藤孝さんは将 森川林
齋藤孝さんは将棋の駒  自分で何かを考えているわけではない 2/21
Re: 標準算 森川林
 追加の説明を入れておいた。 https://www.mo 2/12
標準算数小5の 森川林
 先生の以前の説明は勘違い。  小学生は、まだ方程式を習わ 2/12
ChatGPT 森川林
ChatGPTでプログラミングも簡単にできるようになるし、本 2/12
水瓶座は、古い 森川林
 水瓶座は、古いものを捨てて新しいスタートを切る時代に。 2/10
タッカー・カー 森川林
 タッカー・カールソンのプーチンに対する2時間のロングインタ 2/10
Re: 標準算 森川林
 前の記事に書いておいたけど、これは、答えのミスじゃないかな 2/9
Re: 標準算 森川林
 お返事遅れて失礼。  これは、答えのミスじゃないかなあ。 2/9

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習