ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4584番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2023/2/3
頭の悪い子が増えているという話――子供の頭をよくする方法 as/4584.html
森川林 2022/12/02 09:55 


●動画:https://youtu.be/LUHrQqQC5yw

 「日本人の8割がTwitterの短文すら理解できない」というタイトルの記事が、PRESIDENT Onlineに載っていました。
 しかし、それでも、日本人の理解力は、OECDの調査によると、世界でトップなのだそうです。

 以前、アメリカのコカ・コーラ社のFacebookのコメント欄を見て不思議に思ったことがあります。
 多数のコメントが、ほとんど叫び声のような文ばかりなのです。
 たぶん、まともにコメントを書く人がほとんどいなかったのだと思います。

 昔、SNSで使われている言語シェアの調査がありましたが、日本語はかなり上位でした。
 日本語で投稿されている記事が多いということだと思いました。
 しかし、最近は、そういう調査はないようです。

 戦時中、日本と戦ったアメリカ軍は、日本兵の多くが手帳に日記を書いたり歌を書いたりしていたことに驚きました。
 アメリカでは、文章を書く人は、ごく一部のエリートに限られていたからです。

 江戸時代の庶民の楽しみのひとつは、手紙のやりとりでした。
 当時、日本人の識字率は世界でも突出して高かったので、自然にそういう文章のやりとりによる文化が生まれたのです。

 ところが、今、日本人の識字率はかえって低下しているように見えます。
 新井紀子さんは、「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」で、子供たちの読解力が低下していること実証的に明らかにしました。

 先日、小学校で算数を教えているという人の話を聞きましたが、繰り下がりのある引き算をいくら説明しても理解できない子がいるということでした。
 私は、この話を聞いて、できないのは算数の計算の仕方ではなく、説明を読んで理解する力ではないためではないかと思いました。
 大事なのは、文章を理解する力で、実はこれが頭のよさの本質なのです。

 総合学力クラスに参加している小1や小2の子供たちを見ていると、読書紹介をするときに、読んでいる本の差がかなり大きいことがわかります。
 絵がほとんどの本を読んでいる子と(読書は楽しみのために読むものですから、それはそれでいいのですが)、字の多い本を楽しく読んでいる子との違いでます。

 また、文章の読み方にも、大きな差ががあります。
 初めて見る文章をすらすら読める子もいれば、つっかえながら読む子もいます。
 つっかえながら読む子は、読書の楽しさを知る以前の段階にいます。

 この読書力は、読解力であり、更には頭のよさでもあるのです。
 だから、頭のよさというものは生まれつきのものではなく、教育によって変わるものです。

 その場合の教育とは、ドリルで勉強をするようなものではありません。
 質のよい日本語を、耳と目からふんだんに吸収することが学力の基本になります。

 しかし、この場合、CDやビデオのような、生身の人間を通さない音声のインプットは、かえって害があります。
 生身の人間からではない音声は、感情を伴わない言語葉の理解になるからです。
 理解力と共感力をともに育てるためには、人間による直接の話しかけが必要です。

 子供の理解力と共感力を育てるための最も簡単な方法は対話です。
 日常生活の中で、親が子供に、折に触れて面白い話を聞かせてあげることです。
 そのためには、親自身が日常生活の中で、面白い話題を見つけることが必要になります。
 そのためのいちばんの方法は、やはり親自身の読書です。

 作文力は、学力の集大成です。
 小学校高学年の作文でレベルの高い文章を書く子は、共通して、親から面白い話を取材してきます。

 子供に、「○○というテーマで作文を書くけれど、お母さん、何か似た話ある?」と聞かれたとき、子供が面白がるような深い話をすぐに思いつけるということが大事です。
 「そんなの自分で考えなさい」とか、「ネットで調べてみなさい」というのでは、子供は賢くなりません。
 学力は、勉強によって育てるものではなく、豊富な日本語によって育てるものなのです。


▽PRESIDENT Onlineの記事
「日本人の8割がTwitterの短文すら理解できない?」…急増する"バカ"の正体」
https://president.jp/articles/-/63846?page=3


 小1からオンライン4人クラスで学ぶ作文。毎週の読書紹介があり、誰でも楽しく書けて力がつく。
小1から高3まで、オンライン4人クラスで学ぶ作文。毎週の読書紹介があり、誰でも楽しく書けて力がつく。

コメント欄

森川林 2022年12月2日 10時1分  
「うちの子は本を読まないんです」ということをよく聞きます。
 それは、子供が本を読まないのではなく、お母さんが本を読まない子を育ててきたからです。
 今からできることは、お母さんが読み聞かせを再開して、耳から読む読書を始めることです。

コメントフォーム
頭の悪い子が増えているという話――子供の頭をよくする方法 森川林 20221202 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
まみむめ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「まみむめ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 読解力・読解検定(0) 
新着コメント1~5件
体験学習の仕方 あきえ
本日参加させて頂きたいです。 1/16
中学生の子供の 森川林
 母親は真面目なので、小さなことでもきちんとやりたがります。 1/14
子供の頭をよく 森川林
 読書と対話が、子供を成長させます。  しかし、くだらない 1/13
作文自動採点ソ 森川林
あ君へ  人間には個性がある。  その個性を活かすことが 1/10
作文自動採点ソ
今、僕が重要な悩みを抱えているのは、誰でもあるかもしれないが 1/10
……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■【合格速報】大阪府立水都国際中学校 2月1日
■国語力低下の原因は対話の不足――スマホやゲームが悪いのではなく、対話を豊かにすることが大事 1月29日
■【合格速報】鹿児島県立楠隼中高一貫教育校 1月27日
■【合格速報】才教学園中学校 1月25日
■創造発表クラスの勉強について――これからの大学入試の変化にも対応できる 1月25日
……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習